タクドラ500はヒューマンエンジンサポート
トップ > 転職サポート

【稼げる転職】未経験でも成功する確率が高いタクシードライバー



タクシードライバー転職窓口【ご希望】の方は こちらへ

初めてでも安定して稼げるように、そしてもっと稼ぎたいという現ドライバーのための教育制度

昨今、タクシー乗務員紹介会社は増えてきましたが、なぜヒューマンエンジンサポートが存在しているのか、それは他社とは違う紹介事業社だからです。
私どもは、ただ面接日を決める取り継ぎするだけの紹介会社ではありません。我が社はマンツーマンで相談に乗り働く人が本当に稼げるようになっていただくためのプランニングを用意しております。

安心して相談してください。親身になって対応致します。

タクドラで年収500万円達成プロセス

弊社おすすめ会社

弊社は、数多くあるタクシー会社の中から厳選した優良会社のみをご紹介いたしております。ひとりひとりのご希望に沿った求人のご提案をすべく、入社前の不安や悩み、入社後のアフターフォローも親身になって対応させて頂きます。

■ 弊社おすすめ会社 一例
◆ 対象となる方
 ・未経験者大歓迎!
 ・1 種免許(AT 限定可)取得後3 年以上の方
 ・2 種免許所持者
◆ 給与・待遇
 ・2 種免許取得中(教習所に通っている時): 日給1万円
 ・教習所卒業後、乗務開始迄:日給1万円
 ・その他:乗務開始後3 か月間迄は、保証給35 万円。その後3 か月間30 万円

未経験から転職した方の1年間の成績

未経験から転職した方の1年間の給与詳細です。この方は弊社の「タクシードライバー転職窓口」から「流し方教室」等に参加され、確実に“稼げる力を身につけた”結果が出ています。タクシードライバーは自分が頑張れば頑張る分だけ給与に反映いたします。

未経験から転職しての1年間の給与詳細

転職から入社までの流れ(一例)

他業種からタクシードライバーへ転職したアラサー男子・丸山氏を例にとり、具体的にタクシー会社への入社の流れを紹介いたします。
タクシードライバーへの転職を考えている方、是非ご参考ください。

元営業マン(丸山氏)のケース

エントリーから乗務までの流れ

■ 2015 年4月頃
自分の将来に不安を感じ、悩んでいたときにヒューマンエンジンサポートの担当者と出会った。

■ 2015 年5月頃
当時は、タクシー業界についてブラックだとか稼げないとか、そういったイメージをもっていたが、実際に詳しい話を聞くと必ずしもそうではなく、やりがいのある職種だと分 かった。未経験者でもタクシードライバーのノウハウを学べる独自の教育システムがあると聞き、それなら…と、転職を考え始める。

関隆氏の「流し方教室!」に参加

エントリーから乗務までの流れ

■ 2015 年7月~
ヒューマンエンジンサポート独自の教育システムである「流し方教室!」( 参加費無料)に参加。元タクシートップドライバーで1000 万以上の年収を稼いだ実績のある関隆氏と直接会話をした。 一番不安だったのが給料面で、その事を関氏に相談した所、「君なら余裕で今以上に稼げる!」「努力すれば報われる、タクシーは裏切らない!」と激励され、 タクシードライバーに転職することを決意する。

■ 2015 年8 月末 退職

関東自動車交通株式会社へ入社

エントリーから乗務までの流れ

■ 2015 年9 月1 日
江戸川区の関東自動車交通に入社した。入社して驚いたのが、大浴場があったことだ。寮や仮眠室等、福利厚生がしっかりしていて安心した。まずは健康診断や、二種免許を取得したり、地理試験に合格しなければ乗務が始められない。 入社から約一ヶ月半の間は会社から1日一万円の日当がでるため、安心して勉強に専念できた。

二種免許・地理試験・タクシーセンター・社内の講習

エントリーから乗務までの流れ

■ 2015 年9 月~10 月
先ずは、二種免許の取得。二種免許の講習は、普通免許で学んだことを更に掘り下げるような内容だ。その後は、タクシーセンターでの(事故の対応や、クレーム処理など接客面を含めた)講習が4日間と、地理試験がある。 地理試験は基本的に暗記問題なので、問題集などを利用してしっかり勉強したおかげで、最短で合格することができた。 そして、社内の講習が1日半程。

会社の担当者と路上講習

エントリーから乗務までの流れ

■ 2015 年10 月
最後に、1週間から2週間ほど実際のタクシーに乗車し、流しながらの路上講習があった。 メーターの使い方や道の確認その他、この機会をのがさず先輩達から色々学んだ。 これらの行程をふまえて、ようやく一人前のタクシードライバーとして乗務に出ることができる。 誰でもできる簡単な仕事と思われがちだが、考えることも覚えることも多く、常に勉強していかないといけないので大変だ。 その分、頑張っただけ稼げる、やりがいのある仕事なんだなと改めて実感した。

乗務開始!

エントリーから乗務までの流れ

■ 2015 年10 月末
いよいよ乗務開始!今回丸山氏が入社した関東自動車交通の場合、乗務開始から2ヶ月間は40 万円、 その後2ヶ月間は30 万円の給与保障がある。(※会社によって条件が異なります) しかし、丸山氏は初乗務から3 ヶ月目にして月間営収55 万円(税抜き)を達成し、 保障を上回る給与をもらうことができた。

「ヒューマンエンジンサポート」独自の教育システムである、「流し方教室!」でタクシードライバーのノウハウを学べば、 丸山氏のような未経験者でも年収500 万以上稼ぐことも可能です!現在、丸山氏は年収650 万円を目標に、着実に営収 をのばしています。 丸山氏の今後に期待!

ドライバーの勤務形態

基本的には、一日働いて(出番)一日休む(明番)『隔日勤務』という働き方が一般的です。 1乗務で約20時間前 後勤務し、勤務後は20時間~30時間の休息を取ります。休憩時間は1乗務につき3時間で、月の勤務回数は11~13 乗務ほどになります。拘束時間は長いですが、その分まとまった休みもとれますので、充分な休息、そして旅行や趣味 に使えます。

エントリーから乗務までの流れ

乗務開始までの流れ

法定外残業はありません!
えっ!1乗務で約20時間も働くのに残業は無いなんて嘘じゃない? …いいえ、実は一見ブラックに感じるタクシー会社ですが、こと残業に関しては法律により厳しく取り締まりをされてお ります。隔日勤務の場合は原則、一日21時間(1乗務後に20時間以上の休息義務)、月間で262時間の拘束しか認めら れておらず、これを超えて勤務させることはできません。 1乗務の拘束時間は長いですが、結果月に平均して丸々18日ものお休みがあるので、趣味や家族のために充分な時間を 割くことができますね。

ページのトップへ戻る