タクドラ500はヒューマンエンジンサポート
トップ> タクドラ便利帳 情報

全タク連が常任理事会と賀詞交歓会 No.08

2017/09/02(土)
前島大和自交社長が発言
鶴田課長の講演に対する質疑応答では、大和自動車交通(東京)の前島忻治社長が発言を求めて、「色々な経済講演会が全国で開催されているが、そこでは有名な経済のオピニオンリーダーが講演をしている。そうした中で、例えば鉄道関係の講演会を聞きに行くと、鉄道やバスに続いて話に出てくるのは、タクシーではなくて、リフトやウーバーのことだ。誤解を正し、日本のタクシーの
ことについて、もっとアピールして行くべきではないか」と述べた。
 
これに対して鶴田課長は、「他の分野の方々にタクシーのことを理解してもらうのは重要なことだと思う」などと回答した。

【 タクシージャパン No.293より 】

リンク

ページのトップへ戻る